夏のイベント特集♪

Kids Komachi ウォーターパーク

開催期間:7月20日(土)、21日(日)

万代シテイに水あそび広場が出現!

万代シテイバスセンターの2階に水あそび広場が出現。スライダーを滑ったり、水鉄砲で遊んだり。軽く遊んで涼むのも、全身ずぶぬれになって遊ぶのもOK。そのほか、さまざまな体験ができるブースやキッチンカーも登場する。

Kids Komachi ウォーターパーク

BSN夏ラジオ 2019 〜真夏の文化祭〜

開催期間:7月20日(土)、21日(日)

ラジオの公開放送などお楽しみがいっぱい!

今年は「真夏の文化祭」と題して行われる、毎年恒例の「BSN夏ラジオ」イベント。「夏うたカラオケ大会」や7月21日(日)には中澤卓也によるスペシャルライブが行われるほか、パーソナリティーの個性あふれるコラボスイーツ販売、キッズお絵書きブースなど、親子で楽しめる内容。また、パーソナリティーとのツーショット撮影会やプレミアムサイン会も開催。アナウンサーやパーソナリティーを身近に感じるチャンス!

BSN夏ラジオ 2019 〜真夏の文化祭〜

EDAMAME FESTA 2019

開催期間:7月20日(土)

早食い選手権も! 枝豆をとことん楽しめる1日!

「みんなで枝豆を一番楽しむ日」がテーマ。茹でたて枝豆をはじめ、カレー・ラーメン・タピオカミルクティーなどの枝豆を使ったメニューが登場。ビール等のアルコールや地場産の加工品販売、子ども向けの巨大トラクター展示や体験アトラクション、キッズスペースも。第4回世界えだまめ早食い選手権も開催。

EDAMAME FESTA 2019

燕市夏まつり

開催期間:7月20日(土)・21日(日)、26日(金)・27日(土)・28日(日)

よさこい、みこし、太鼓に花火まで! 燕の3大夏まつり

燕ばやし、よさこいソーラン、燕1,000人みこしなどが注目の「飛燕夏まつり」。分水みこしが練り歩き、酒呑童子をモチーフとした分水太鼓を披露する「分水まつり」。子どもたちによるステージや山車巡行で盛り上がる「吉田まつり」。大花火大会が華やかにフィナーレを彩る。

燕市夏まつり

カブトムシハウス

開催期間:7月20日(土)〜8月18日(日)

カブトムシに触れて生態を観察!

国営越後丘陵公園の「里山フィールドミュージアム」に期間限定のカブトムシハウスがオープン。里山の自然を取り込んだ「巨大虫かご」の中で、公園内で羽化したカブトムシを間近で観察することができる。

カブトムシハウス

第40回 上越蓮まつり

開催期間:7月20日(土)〜8月25日(日)

堀を埋め尽くすハスの花の香りと東洋一の眺め!

高田公園の外堀約19ヘクタールをほぼ埋め尽くすハスは、紅い花と白い花が入り混じっているところが珍しいと賞されている。その規模と美しさから東洋一と伝えられる見事な景観を目当てに、多くの人が訪れる。期間中は、蓮まつり物産展や観光ボランティアガイドによる会場案内など、多数のイベントが行われる。

第40回 上越蓮まつり

ねこがかわいいだけ展

開催期間:7月20日(土)〜9月8日(日)

国内外のクリエイターが手掛けた猫の写真とアート作品が並ぶ展覧会。一般から募集した愛猫の写真も展示。

ねこがかわいいだけ展

うおぬま夏の雪まつり2019

開催期間:7月20日(土)、21日(日)

ユニークな乗り物も登場。真夏に楽しむ雪まつり!

保存しておいた天然雪を使った遊びを楽しめる夏の雪祭り。重機にボートを連結し雪上を滑る「サマースノースライダー」やソリ体験を実施。ほか、フリーマーケット、魚のつかみ取り、ゲストのステージ、グルメ販売もあり。

うおぬま夏の雪まつり2019

殺処分ゼロを目指して! チャリティー猫Tシャツ販売&サイン会 第6弾

開催期間:7月21日(日)

Tシャツやトートバッグをチャリティー販売!

ネコの殺処分ゼロを目指すチャリティーイベント。猫Tシャツや、元アルビレックス新潟の田中亜土夢選手(セレッソ大阪)がデザインしたトートバッグを販売。タレント、キャスターらのサイン会も行う。

殺処分ゼロを目指して! チャリティー猫Tシャツ販売&サイン会 第6弾

いくとぴあ食花 SUMMER ILLUMINATION 2019

開催期間:7月13日(土)〜9月23日(月・祝)

フォトジェニックなスポットが盛りだくさん!

新潟開港150周年を記念して、テーマは「海」。カメやイルカをかたどった電飾や、園内施設「花とみどりの展示館」には海中をイメージした装飾などが並ぶ。また、日本庭園では毎年恒例となったプロジェクションマッピングを行う。

いくとぴあ食花 SUMMER ILLUMINATION 2019

キューピットバレイ プレイパーク

開催期間:7月13日(土)〜8月18日(日)

開放感あふれる高原の夏は子どもが遊べる要素たっぷり!

キューピットバレイは夏も楽しさ満載! プレイパークにはウォータースライダーやビッグトランポリン、滑り台にミニヤギ牧場など、大自然の中でのびのび遊べるアトラクションが充実。出入りが自由なので、敷地内にあるキャンプ場を利用したり、源泉かけ流しの温泉を利用しながらのんびりと1日を過ごそう。

プレイパーク

湯沢高原アルプの里 サマーフェスティバル

開催期間:7月13日(土)〜8月25日(日)

親子で高原のサマーシーズンを楽しもう!

世界最大級166人乗りのロープウェーで上る、標高1,000メートルに広がる高原。スタンプラリーやウォータースライダーなど、サマーシーズンを親子で楽しめる企画が登場する。期間中、ジップラインアドベンチャーに特別スタート時間が追加されるほか、8月11日(日)〜15日(木)には「湯沢高原夏まつり」も開催される。

湯沢高原アルプの里 サマーフェスティバル

苗場サマーパーク

開催期間:7月13日(土)〜7月21日(日)、8月1日(木)〜9月1日(日)

約30種類のアクティビティーが楽しめる!

大人気の「なえバギー」をはじめ、約30種類のアクティビティーを用意。平均気温約20度の爽やかな気候は避暑旅にぴったり。体験はチケット制。アクティビティーによって、必要なチケット枚数や実施日・時間が異なるので、詳細はホームページでチェックを。

苗場サマーパーク

夏の特別展「スケスケ展 −スケると見える仕組みの世界−」

開催期間:7月13日(土)〜9月1日(日)

さまざまなモノの中身を透かして見てみよう!

さまざまな生き物や物の中身を「スケる(透ける)」を通じて紹介する特別展。骨格模型、透明生物、暮らしの中で身近にある製品など、中身の状態や仕組みを知ることで、予想外の発見があるかも! デジタル技術を用いたスケる体験や、五感を使って中身を当てるコーナー、中身を想像して描くお絵かきコーナーもある。

夏の特別展「スケスケ展 −スケると見える仕組みの世界−」

世界大昆虫展

開催期間:7月13日(土)〜9月29日(日)

珍しい昆虫も! 5,000もの標本が大集合

幸せを呼ぶ青い蝶「モルフォチョウ」約1,500匹の巨大な壁面展示など、世界の昆虫約5,000点の標本を展示。ヘラクレスオオカブト、ゾウカブト、コーカサスオオカブトなどの普段では見ることのできない生きた昆虫とも会える。アトラスオオカブトやヒラタクワガタとのふれあいコーナーも用意。親子で楽しもう。

世界大昆虫展

MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展

開催期間:7月13日(土)〜9月23日(月・祝)

絵本のある暮らしを提案する月刊誌「MOE」の創刊40周年を記念した絵本原画展。作家5名の作品が並ぶ。

MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展

企画展示「身近に潜む海のキケン生物」

開催期間:7月12日(金)〜9月16日(月・祝)

海の危険生物を知っておこう!

海水浴シーズン。海の中に潜む危険な生物を紹介する企画展示を実施。ウツボやオニオコゼ、ハナガサクラゲなど、危険な生物の生体展示のほか、生息場所や被害にあった場合の症状も紹介する。

企画展示「身近に潜む海のキケン生物」

日本のおいしいもの展

開催期間:7月10日(水)〜7月22日(月)

各地ならではの味が集結。注目のスイーツも!

全国各地の逸品を販売。スイーツきたがわ(北海道)の「名無しの贅沢プリン」、揚州飯店(神奈川)のタピオカドリンク(共に第1弾のみ)、なつま屋(大分)の「とり天」、庄八(香川)の「庄八麺」などが並ぶ。

日本のおいしいもの展

夏の企画展示 「食虫植物展」

開催期間:7月10日(水)〜9月16日(月・祝)

姿も仕組みもユニーク! 植物の不思議な世界!

ウツボカズラ、ハエトリソウといった食虫植物を展示。巨大模型などで虫を捕らえる仕組みも紹介する。また、8月11日(日・祝)・12日(月・振休)は、20時30分まで開館時間を延長し催しを行う「夏の夜間開園」を実施。

夏の企画展示 「食虫植物展」

サマーランチビュッフェ

開催期間:7月1日(月)〜8月31日(土)

自慢のローストビーフやスペシャルデザートも!

オードブル、サラダ、肉料理、魚料理など、約40種類の料理を週替わりで用意。ケーキやアイスクリームなどのデザートも豊富にそろう。シェフコーナーでは、店自慢のローストビーフや半月替わりのスペシャルデザートが登場する。

サマーランチビュッフェ

水辺アウトドアラウンジ「やすらぎ堤」 Produced by Snow Peak

開催期間:6月29日(土)〜9月29日(日)

信濃川沿いのアウトドア空間で食事やワークアウトを!

信濃川沿いに開放感あふれるキャンプスタイルのラウンジが今年も登場。やすらぎ堤右岸に飲食店が出店し、飲食や団らんを楽しむエリアとなっている。左岸ではワークアウトとヨガなど、健康面をサポートする各種体験も実施。

水辺アウトドアラウンジ「やすらぎ堤」 Produced by Snow Peak

やすらぎガーデン2019

開催期間:6月29日(土)〜9月29日(日)

やすらぎ提に120席のビアガーデンがオープン!

やすらぎ堤ミズベリング最大規模のアウトドアビアガーデン。オシャレなウッドデッキなど、ラグジュアリーな空間でビールやステーキを楽める。「*snowpeak」のダッチオーブンなどを使用した『*snowpeakコース』がおすすめ。

やすらぎガーデン2019

動物ふれあい教室「ケヅメリクガメと遊ぼう!」

開催期間:6月29日(土)〜9月29日(日)の毎週土・日・祝日

子どもが喜ぶ動物ふれあい体験!

体重約20キロ、甲長約60センチのケヅメリクガメのエサやり体験。リクガメの生態についての説明もある。

動物ふれあい教室「ケヅメリクガメと遊ぼう!」

APALLUSION 2019

開催期間:6月22日(土)〜11月17日(日)

妙高の満点の星空と地上を包む、光の絶景空間が誕生!

夜景評論家の丸々もとお氏プロデュース。今年は@グランドプロジェクションマッピング&オーロラショー、Aフォトジェニックナイトサファリ、Bバラの「絶景フラワーロード」の3大イリュージョン! さらに土曜・お盆は打ち上げ花火も。お得なシーズンパスポート(2,500円)もあるので、何度でも楽しもう。

APALLUSION 2019

光と遊ぶ超体感型ミュージアム 帰ってきた! 魔法の美術館

開催期間:6月15日(土)〜9月1日(日)

国内外のアーティストが手掛けた体験型アート展!

2015年開催の「魔法の美術館」がパワーアップして再登場。人影が七色になり光のショーを繰り広げたり、自分の姿から生まれたキャラクターが架空の世界を冒険したりと、鑑賞者のアクションに合わせ影、音、映像が変化する。

光と遊ぶ超体感型ミュージアム 帰ってきた! 魔法の美術館

第13回萬代橋サンセットカフェ

開催期間:6月1日(土)〜9月29日(日)

期間限定のリバーサイドカフェが今年も登場!

信濃川のほとり「万代テラス」に期間限定でオープンするリバーサイドカフェ。萬代橋を前に、川風を感じながら絶好のロケーションでビールを楽しめる。「新潟限定ビイル『風味爽快ニシテ』」や、農家から仕入れる枝豆など料理も多彩。不定期でアマチュアライブも開催される。

第13回萬代橋サンセットカフェ

サマースイーツブッフェ

開催期間:6月1日(土)〜8月31日(土)

ヤスダヨーグルトを使用した夏スイーツが食べ放題。ブランマンジェ、ショートケーキ、パフェなどが並ぶ。

サマースイーツブッフェ