初夏のイベント特集♪

新潟伊勢丹開店35周年記念 TeNY夕方ワイド新潟一番 全国グルメフェスティバル

開催期間:5月15日(水)〜5月20日(月)

全国各地の“うまいもの”が集結!

TeNYの情報番組「新潟一番」と新潟伊勢丹が送る、この時期恒例となった物産展。新潟出身パティシエが作る、吉祥寺の行列ができる人気店のスイーツや、2017年の「ミシュランガイド京都・大阪」ビブグルマンに認定された、鶏白湯スープに柚子が香るエスプーマをのせたラーメンなど、全国から選りすぐりのグルメが集結する。

新潟伊勢丹開店35周年記念 TeNY夕方ワイド新潟一番 全国グルメフェスティバル

上越市名家一斉公開

開催期間:5月19日(日)

通常非公開の名家を公開! 地域の魅力を再発見しよう!

上越市に残る江戸期には大庄屋、庄屋クラスだった旧家の邸宅。個人所有のため通常非公開の5邸を1日限定で一斉公開。地域にとって重要な文化財を多くの人に知ってもらい、保存活用につなげることが目的。宮大工による書院造り、かやぶきの古民家、見事な庭など、未来に残したい文化財を見て応援しよう。

上越市名家一斉公開

第18回寺泊観光まつり よさこいと踊りのフェスティバル

開催期間:5月19日(日)

踊りとうまいもので寺泊がアツい1日!

寺泊の観光シーズンの幕開けを告げる祭り。よさこい踊りやキッズストリートダンスコンテストとエキサイティングなフェスティバルには、世代を超えた多くの踊り手が参加する。日本海でとれた魚介やカニをふんだんに使った名物・番屋汁をはじめ、屋台やフリーマーケットが並び、会場周辺は1日中にぎわう。

第18回寺泊観光まつり よさこいと踊りのフェスティバル

青海神社春季例大祭

開催期間:5月19日(日)〜5月22日(水)

19日(日)の稚児奉斎祭から始まり、21日(火)の御神幸行列では500人が約6kmを練り歩く。参道には約100の露店が並び、祭りを盛り上げる。

青海神社春季例大祭

春のボランティア植栽会

開催期間:5月19日(日)

園内にこれから楽しめる花苗を植栽。市内外にかかわらず、誰でも参加OK。参加者にはプチプレゼントあり。気軽にボランティアができる。

春のボランティア植栽会

越後三条・高城ヒメサユリ祭り

開催期間:5月15日(水)〜5月31日(金)

下田地域の山野に群生し、可憐な姿で多くの人に親しまれてきたヒメサユリ。約1時間のハイキングコースになっている「ヒメサユリの小径」はこの時期多くの人でにぎわう。期間中はヒメサユリの苗や山菜の販売を行う。

越後三条・高城ヒメサユリ祭り

第5回 上越オープンガーデンと花めぐり

開催期間:5月10日(金)〜6月30日(日)

色とりどりに咲くキレイな花スポット巡り!

バラなどの見頃に合わせて、上越市内で行われるオープンガーデン企画。本町、大町、寺町などの個人宅の手入れの行き届いた庭や歴史ある建物の庭を一般開放。愛情いっぱいに育てられた花々が咲き誇る美しい景色を巡って楽しもう。期間中、ウォーキングと花巡りを楽しむ、昼食付きの「上越・遠足ガーデン」も開催される。

第5回 上越オープンガーデンと花めぐり

第10回 幸せを呼ぶカキツバタまつり

開催期間:5月7日(火)から花期終了まで

水辺一帯を紫色に染める3万本のカキツバタ!

柏崎市民の手で増やした約3万本のカキツバタが園内の水辺を彩る。池に渡された木道は、カキツバタを間近に楽しめる絶好の散策コース。期間中は水辺のガイドや俳句大会のほか、5月12日(日)は新潟産業大学茶道部によるお茶会も。また、5月18日(土)、19日(日)はスペシャルイベント「のあそびマルシェ」を開催。スラックラインや火起こしにチャレンジする体験などのほか、18日(土)はSUP(サップ)体験、19日(日)は絵本キャラバンカーの登場、マシュマロまきなど、楽しめる催しがたくさん!

第10回 幸せを呼ぶカキツバタまつり

五泉市花木まつり

開催期間:5月1日(水・祝)〜5月31日(金)

ボタン、シャクヤクなど大輪の花々が咲き競う!

植えられた120品種、5千株のボタンが大輪の花を咲かせると同時に、シャクヤクやシャクナゲも花開き、公園内はにぎやかな雰囲気に。開会式が開催される5月3日(金・祝)以降は、地酒、農産物をはじめとした五泉市の特産品を販売するほか、ボタンの花びら染め体験(有料)などを楽しめる。

五泉市花木まつり

第1回新潟競馬

開催期間:5月18日(土)、19日(日)

女性も子どもも楽しめるイベントがいっぱい!

今年最初の新潟競馬開催期間中はイベントが目白押し。人気芸人・平野ノラが登場するレース検討会やラジオ公開生放送のほか、戦隊ヒーローショーや「ご当地餃子“大” まつり」や「クラフトビアスプリングフェスト」、「新潟グルメ大集合」などグルメイベントも充実。ファミリーでも楽しめる催しが盛りだくさん! また、女性限定のUMAJO SPOTでは普段見ることができないエリアを見学できるバックヤードツアー、オリジナルスイーツの販売のほか、ビューティーコーナーやサンプルバーの登場も。各催しによって開催日が異なるので、詳細はホームページでチェックを。

第1回新潟競馬

動物ふれあい教室 サメにどきどきタッチ

開催期間:4月20日(土)〜6月23日(日)の土・日・祝日

海のギャング・サメに触れるチャンス!

全長約50センチのトラザメとその卵に触れる体験イベント。生態についての解説もある。

動物ふれあい教室 サメにどきどきタッチ

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

開催期間:4月13日(土)〜7月15日(月・祝)

作者の夢や思考が表現された建築の姿!

20世紀初頭から約100年にわたる“建たなかった”建築のアイデアを、国内外に所蔵される190もの図面や模型、映像などを通して紹介。約40名の建築家や美術家が手掛けた数々の構想から、新たな建築の姿も展望。

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

観賞温室の企画展「にいがたの花 シャクナゲ・ツツジ展」

開催期間:3月27日(水)〜5月26日(日)

色と形、共に華やかな2つの花木を紹介!

庭園樹や鉢植えとして親しまれているシャクナゲとツツジの展覧会。シャクナゲの豪華な大鉢を展示するほか、県内で育成している品種を紹介。同植物園が世界に誇るツツジコレクションも公開する。また、4月5日(金)〜7日(日)は、隣接する花と緑の情報センターで盆栽などが並ぶ「春の大つばき展」を開催。

観賞温室の企画展「にいがたの花 シャクナゲ・ツツジ展」

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

開催期間:3月23日(土)〜6月2日(日)

見る者を引き付ける独自の絵世界!水木しげるの人間像に迫る展覧会

2015年11月に93歳でその生涯を閉じた水木しげる。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」といったヒット作を生んだ漫画家としてだけでなく、妖怪研究家としても高く評価された。今展は水木プロダクションが全面的に協力。漫画原稿、戦地で描いたスケッチ、エッセー原稿など合計約390点のほか、没後に刊行された画集に収録されている、初公開の妖怪画も展示。作品を通して戦前から戦後にかけての過酷な状況を、独自のユーモアと才覚で生き抜いた彼の人間像にも迫る。

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

企画展示「海の生き物を集めるー水族館の収集活動」

開催期間:3月15日(金)〜5月26日(日)

水族館スタッフが行っている展示生物の集め方や、採集に欠かせない網をはじめとする道具、輸送方法などを紹介。マリンピア日本海オリジナル活魚輸送車の仕組みがわかる模型も展示する。

企画展示「海の生き物を集めるー水族館の収集活動」

ベリーベリースイーツブッフェ

開催期間:2月16日(土)〜5月26日(日)

イチゴをはじめ、ベリー系スイーツを存分に味わえるビュッフェ。ドリンクバーやパスタ、サンドイッチなどの軽食も味わえる。

ベリーベリースイーツブッフェ