和菓子の老舗にクレヨンが!? その名も“おいしいおえかき”

  • ジャンル&エリア:スイーツ
  • 投稿者:グッチさん  この人の投稿をもっと見る

日本三大銘菓「越乃雪」でお馴染みの老舗和菓子店「大和屋」さんにクレヨンが!?


先日、クレヨン型の和菓子があることを知り、早速「新潟三越」の「大和屋」さんへ。

店頭に並んでいるその商品を見てびっくり!
パッケージも含めて、本当にクレヨンそのものです。


その名も「おいしいおえかき」。


こちらは、今年の春、日本橋三越本店で行われた全国銘菓展のために、開発されたものだそう。そのときのテーマが「楽しきかな、わ・が・し」。

大和屋専務取締役の岸さんにお話を伺うと、「伝統的なお干菓子は抽象的なデザインのものが多いですが、現代のお客様にも受け入れられやすいようにを考えました。あくまで中身は伝統的なお干菓子です」。

見た目は小さな子どもにも馴染みのあるクレヨン。でもその正体は、長い歴史を刻んできた伝統的な和菓子。

確かに。と、納得しつつ、いただくことに。現在発売されている秋バージョンは、「りんご」や「くり」、「ばら」など。このルックス。食べてしまうのがもったいない。

噛むとすぐに崩れて溶けていき、口の中にフレーバーが広がります。

さらに一口。今度は徐々に口の中で溶かしていくと、優しい甘さとフレーバーをじっくり味わえました。中には時間差でフレーバーがやってくるものも。こんなにたくさんのフレーバーの干菓子を味わうのは初めてです。(少しずつ折って味わってみました)

これは、濃い緑茶と合わせたい!
でも、チョコのフレーバーもあるので、コーヒーと合わせてもいいかもしれません。
今の季節のティータイムを楽しく彩ってくれそうですね。ちょっと高価ですが、自分へのご褒美や、大切な人への手土産にいかがでしょう。きっと、訪問先での会話も弾むはず。

こちらの「おいしいおえかき 秋の色(8本入り)」(1,728円)は12月中旬までの販売予定。
来年1月下旬頃には、「さくら」や「ゆず」などの通常バージョンの販売が再開される予定だそうです。販売は新潟県内7店舗ある大和屋さんのうち、新潟空港内の店舗を除く6店舗。

ぜひ、店頭で探してみてください。その見た目に驚くと思いますよ。


■越乃雪本舗 大和屋(コシノユキホンポヤマトヤ)※こちらは本店の情報です。
住所:長岡市柳原町3-3
電話:0258-35-3533
営業時間:9時〜17時30分
定休日:日曜、ほか水曜不定休
HP:http://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/

この街ネタを友達に紹介する
和菓子の老舗にクレヨンが!? その名も“おいしいおえかき”
  • 和菓子の老舗にクレヨンが!? その名も“おいしいおえかき”
  • 和菓子の老舗にクレヨンが!? その名も“おいしいおえかき”
  • 和菓子の老舗にクレヨンが!? その名も“おいしいおえかき”
クリックで画像が拡大されます。

関連する街ネタ

ジャンル別で検索
地域別で検索
キーワードで検索

街ネタテーマ別特集

食べる

知る

楽しむ

What's New

プレゼント